音楽図書館協議会:Music Library Association of Japan


Music Catalog Clinic

Music OCLC Users Group Newsletter No. 94 December 2006から
 

15. DVDオーディオ

Q DVDオーディオ数枚に行きあたりました。OCLCを見ると、録音資料として目録をとっています。500の注記以外に、それがDVDであることを示せるものはありますか。こうした資料の目録のとり方についての情報は、どこに行けば見つかりますか。

A  この度、LCのJoe Bartl(他の皆さんに混じって、私からも多少情報を提供しました)が、”New Format Guielines 新フォーマット・ガイドライン”をまとめました。バートルは、いずれLCRIとして出していきたい、と考えています。さしあたり、情報の一部をここに出す許可をバートルからもらいました。関係する箇所は次のとおりです。

  DVD-オーディオ
  定義: DVDオーディオ(DVD-A)とは、パナソニックが開発したデジタル多目的ディスク・フォーマット。音データを、特に高品質サウンドで保持することを目的に設計された。230の主要企業が参加するDVDフォーラムは、1999年3月、DVD-Aの特性について最終的に発表した。このDVDフォーマットは、標準的オーディオCDの少なくとも2倍以上のサウンド品質と、最大で7倍以上の情報量を保有できるとされる。現在、このフォーマットのために開発されたDVD-A専用プレーヤーに加えて、さまざまなDVD-Aに対応するDVDコンパティ・プレーヤーが製造されている。

リーダー: タイプ “i”または”j” 適宜
007: /03=”z”
245: GMD=[sound recording]
300: $a 1 sound disc : $b digital, DVD ; $c 4 3/4 in.
538: $a [必要なシステム仕様がある場合は、それを引用;ない場合、この注記を付けない]

これに若干付け加えさせていただくなら、538注記の冒頭は、常に”DVD-Audio”(あるいは、他の形を引用)とし、その後ろに関連する必要なシステムについて書くということくらいです。

以上











 

ジェイ・ワイツの目録Q&Aに戻る
報告・論文・情報に戻る