音楽図書館協議会:Music Library Association of Japan


Music Catalog Clinic

Music OCLC Users Group Newsletter No. 94 December 2006から
 

13.大きな作品の抜粋の楽曲形式コード

Q 固定長、楽曲形式名コード<comp>のコード入力をする際、作品(例えばオペラとか交響曲)の抜粋の場合は、全曲と同様に扱ってコードを入れますか(<op>とか<sy>)。そうでなければ、<uu>、<zz>、それとも<空白>になるのでしょうか。こういう楽譜が出てくると、頭がオカシクなります。

A  まず思い出してほしいのは、<cmp>、楽曲形式名コードの入力は任意だということ。だから、頭をオカシクする必要なんかありません。もしも、これらの抜粋についても入力するというのなら、一般的に、全曲の時と同じように考えてください。件名について、<Operas—Excerpts とか Symphonies-―Excerpts>と入れるのと似ています。さて、アンソロジーのようなもの、例えば、さまざまな作品から同じタイプの種々の楽章をまとめた選集(モーツァルトの交響曲、ソナタ等々からメヌエットばかりを集めたものとか)などの場合は、全体にまたがる形式(この場合は、メヌエット)と、楽章のもとになる作品(交響曲、ソナタ等)の形式の両方を、入力したければ、できます。その場合は、<comp>コードには、<mu マルチ>と入れて、各コードを047フィールドに入力します。











 

ジェイ・ワイツの目録Q&Aに戻る
報告・論文・情報に戻る