音楽図書館協議会:Music Library Association of Japan


Music Catalog Clinic

Music OCLC Users Group Newsletter No. 93 September 2006から

7. デュアルディスクで片面DVDのCDが付いている図書。 300 $eになんと書くか。

Q 目録をとるように渡された図書に4 3/4インチのディスクが付いているのですが、それは片面が録音資料でもう片方の面がDVDです。お尋ねしたいのは、フィールド300の$e[形態的記述エリア 付属資料]にどう書くかということです。片面が録音資料でも、CD-ROM/DVDとしますか。通常、サブフィールド$eに書く 1 sound disc (digital ; 4 3/4 in.)ではまずいとと思いますし、1 sound dis/videodisc (digital ; 4 3/4 in.)というのも妙です。でもCD-ROM/DVDと呼ぶよりはマシなような気がします。

A 今年、年が明けてまもない頃、LCのジョー・バートル (Joe Bartl)が「新しいフォーマットに関するLCの慣行」について、LCRI上に発表予定のドキュメントを見せてくれました。この中に、CD/DVD のようなハイブリッド・ディスクに関する項がありました。これはしばしばDual disc(デユアルディスク)と表示されます。ご質問のディスクを付属資料として記述する場合は、このドキュメントの指示を適用して、次のようにしたらいかがでしょう。
300 …$e 1 DualDisc (digital ; 4 3/4 in.)
500 Accompanying disc is hybrid CD/DVD-video disc.
538 [quote system requirements for accompanying disc, if present; if not present, provide no note]

300 … $eデュアル・ディスク1枚 (デジタル ; 12 cm.)
500 付属資料はハイブリッド CD/DVDビデオディスク
538 [付属資料に必要なシステム要件を引用する。無ければこの注記自体を省略]

明らかに、これは[フィールド300のサブフィールドe に書くか、注記に書くかのどちらか、両方には書かない]という規則に違反します。これについては、すぐ前のQ&Aに書いたばかりです。 しかしながら、このケースでは、絶対に必要な説明を無しで済ませることは到底できないと考えました。メディアが新しくなれば、時に新手(手荒?)な方法も必要でしょう。

訳者追記(2007年2月27日):
「新しいフォーマットに関するLCの慣行」はすでに下記サイトで見ることができる。
http://www.loc.gov/catdir/cpso/soundrec.pdf


以上




 

ジェイ・ワイツの目録Q&Aに戻る
報告・論文・情報に戻る