音楽図書館協議会:Music Library Association of Japan


Music Catalog Clinic

Music OCLC Users Group Newsletter No. 93 September 2006から

3. コンピュータ打出し楽譜

Q Finaleなど楽譜印刷ソフトで作られた楽譜についての質問です。この種の楽譜は、出版されていない楽譜、つまり手稿譜とみなされますか。
300 1 ms. score ([77 p.] , bound ; $c 28 cm. + $e libretto ([7 p.]) : 28 cm.
500の注記はどのように書いたらよいでしょうか。
「コンピュータ楽譜のフォトコピー」でしょうか。そもそも「コンピュータ楽譜」と言いますか。
500 Photocopy (from computer score)
以上、よろしくお願いします。

A 私も、音楽作曲ソフトを使って印刷された楽譜は、その一冊だけ作られたか、あるいは限られた範囲で頒布される小部数だけ作られたものであれば、出版楽譜とは考えないような気がします。500の注記でどう説明するかはお好みで構いません。ごく単純に Computer printout(LCで最も多く使われている指示語のようです)としてもよいし、使われているパッケージソフト名を入れるのも良いでしょう。ただし、フィールド300[形態的記述エリア]にms(手稿譜)と記載するのは、―― AACR2の手稿 manuscript の定義を厳密に読むと「手書きのもの(楽譜を含む)、タイプ原稿、ならびに粘土板、石などの刻字など」とありますから、問題が残ります。 私としては、ms(手稿)という語は省きたいところです。

 

ジェイ・ワイツの目録Q&Aに戻る
報告・論文・情報に戻る