音楽図書館協議会:Music Library Association of Japan


Music Catalog Clinic

Music OCLC Users Group Newsletter No. 91 December 2005から

2. プレート番号の転記

Q: ドヴォルザークのチェロとピアノのためのロンド 作品 94 (R. Schauerから出版)の目録をとっているところです。OCLC #30432413に似たレコードがありますが、新規レコードを作る必要がありそうです(出版番号が違う、”Elite Edition”が抜けている、他)。チェロのパート譜のプレート番号は 10111です。スコアの各ページの下には、次のような形で数字が書いてあります。
10111.10185
13380.13381
このスコアを見ると、チェロ、ヴァイオリン、ヴィオラ、クラリネットのヴァージョンが出版されていることがわかります。クラリネット編曲の目録はOCLC #40328981があります。さて私の質問です。
このプレート番号達をどのように記録すればよいでしょうか。028の一つを、はっきりしているチェロパート譜に使うのはわかりますが、問題はスコアにある番号達の扱いです。少なくとも4つの選択肢が考えられます。

   (1) 1つの028に転記する。  028: 10111.10185.13380.13381 $b …
   (2) 2つの028に転記する。  028: 10111.10185 $b
                      028: 13380.13381 $b
   (3) 4つの028 に転記する。 028: 10111 $b …
                      028: 10185 $b … 
                      028: 13380 $b …
                      028: 13381 $b …
   (4) スコアからはプレート番号を一切転記しない。なぜなら、これはそれぞれのパート譜に 
      記載された別々のプレート番号を並べただけであるから。レコードに含まれるそのパー
      トのプレート番号で用が足りる。

 もう一つ質問があります。4番目の選択(つまりパート譜のプレート番号だけ)をした上で、500に次のような注記を付けてもよいでしょうか。

     pl. no.: 10111.10185.13380.13381 (score); 10111 (part).
アドヴァイスいただければ幸いです。

A: これらの番号がスコアの各ページの下に実際に出てくる以上、私は、転記すると思います。さらに言えば、単一の028に、選択肢1で示された形とおりに転記です。対応する500の注記(2番目のご質問にある。もっとも私の答えでは意味が無くなりますが)を付けることは別に問題がないと思います。それによって何かがわかりやすくなり、役に立ち、簡潔な説明を付けるという考え自体は悪いことではありません。
先の答えが唯一無二と言えるわけではありませんが、こと出版者番号やプレート番号については、私、直写主義に固執する傾向にあります。他の問題でことごとく失敗していることもあって…。







 

ジェイ・ワイツの目録Q&Aに戻る
報告・論文・情報に戻る