音楽図書館協議会:Music Library Association of Japan


Music Catalog Clinic

Music OCLC Users Group Newsletter No. 90 September 2005から
 

4. ミニディスクを記録する

Q 今とりかかろうとしているのは、口承歴史のプロジェクトで、録音資料の一部はソニーのミニディスクを使用しています。他にOCLCレコードが見当たりません。普通のCDと同じように扱って、大きさだけ変えればよいのでしょうか。538注記にSony Mini Discと書くべきでしょうか。

A 文献には、これらのミニディスクは<8 cm.>ディスクと呼ばれています。私はこの種のディスクの標準的形態記述を見た記憶がありませんが、おそらく他のコンパクトディスクと似たような形で記述されるだろうと思います。直径以外は。(通常のコンパクトディスクの大きさは直径4 3/4 in.です)。手元のディスクの直径を実際に計って、3 1/4 in.か3 1/8 inのどちらが正確か決め、フィールド300 サブフィールド$cに入力してください。フィールド538には、何という名称が使われているか(”Sony Mini Disc”)その用語でディスクを説明します。録音資料の007/06(サブフィールド$g)のコードはその他を意味する”z”( 値“a” 3 in.は、普通この大きさのオープンリールテープのことだと思います)。これでよいと思います。

訳者追記(2007年2月27日):
「新しいフォーマットに関するLCの慣行」が発表されたので最新情報はこちらを参照されたい。
http://www.loc.gov/catdir/cpso/soundrec.pdf











 

ジェイ・ワイツの目録Q&Aに戻る
報告・論文・情報に戻る