音楽図書館協議会:Music Library Association of Japan


Music Catalog Clinic

Music OCLC Users Group Newsletter No. 90 September 2005から
 

3. Library Edition

Q Brilliance Audioから出ているCDブックがよく入ってくるのですが、装丁に二種類あります。一つは、棚にすぐ並べられるようになったアルバムで、外側に”Library Edition”と書いてあって、ISBN付きです。もう一つは紙容器に入っています。CDは同一のように見えるし、CDの枚数や録音時間も同じです。見てわかる違いは、容器上のLibrary Editionの有無とISBNだけです。フィールド028に該当するようなものもありません。私達の理解では、同じ中身を出版者が図書館向けに入れ替えているだけだと思います。価格については、図書館向けはそれなりに高めです、当然。質問は、容器の版表示とISBNの違いだけで、新規レコードを作ってよいか、ということです。今まで新規レコードを作り続けてきましたが、内容も発行に関する情報も何も違わないものに付けられた版[edition]表示を、果たして版表示と扱ってよいのだろうか、と考えるようになりました。ご意見お待ち申し上げます。

A 版表示の有無+ISBNの違いがあれば、別のレコードを作成することは認められます。最近のALCTS((米国図書館協会の図書館コレクション・技術サービス協会)出版物「違うか同じか」では、この”Library edition”を大きな書誌的違いとみなす版表示の一つとして具体的に引用しています(A2A)。もしも、気が進まないのであれば、既存レコードを自館用に編集するという選択肢が常にあることをお忘れなく。











 

ジェイ・ワイツの目録Q&Aに戻る
報告・論文・情報に戻る